長襦袢

着物の種類別合わせる長襦袢について

長襦袢は、肌着の上から着る「着物の下着」のようなものです。
着物に汗などの汚れが付くのを防ぐために着用します。
長襦袢は、着物の下に着るものなのでほどんど見えませんが、袖口や裾などから襦袢が見えることから、色合わせや柄など、襦袢にこだわるのもお洒落の楽しみといえます。
しかし着物の種類によって、合わせる長襦袢のルールがあるので注意が必要になります。
ここでは着物の種類別に、合わせる襦袢を紹介します。

フォーマルに合わせる長襦袢

フォーマルに合わせる長襦袢

五つ紋付の黒留袖や色留袖、喪服などの正装(礼装)を着る場合は、必ず白の長襦袢を着ます。
ただし地紋がおめでたい柄の吉祥文様などの場合は、喪服を着る際には避けましょう。

フォーマルに合わせる長襦袢はこちら

セミフォーマルに合わせる長襦袢

セミフォーマルに合わせる長襦袢

訪問着や付け下げ、紋付きの着物、格のある江戸小紋など、きちんとした席に着ていく着物の場合の長襦袢は、白でなくてもかまいません。
むしろ淡い色の無地や薄い色のぼかしの物が重宝します。

セミフォーマルに合わせる長襦袢はこちら

普段着に合わせる長襦袢

普段着に合わせる長襦袢

小紋や紬などの普段着に合わせる長襦袢は、色物や柄物のお好きな長襦袢を着ることができます。
普段着は、長襦袢の色柄で様々なコーディネートが楽しむことができます。

普段着に合わせる長襦袢はこちら

振袖に合わせる長襦袢

振袖に合わせる長襦袢

振袖は袖が長いので軽すぎる素材の物であると、 着物から襦袢の袖が飛び出してしまうことがありますので、良質な長襦袢をおすすめします。
振袖は、長襦袢がとても目立つので良い長襦袢を用いていますと着物も良く見えるものです。
もちろん軽い素材の長襦袢でも着用できますよ。

振袖に合わせる長襦袢はこちら

夏物に合わせる長襦袢

夏物に合わせる長襦袢

透ける夏の着物には、長襦袢も夏物を合わせます。
夏用の長襦袢は単衣仕立てで、絽、紗、麻などがあります。
それぞれに特長があるため、着物に合わせると間違いがないでしょう。
夏の襦袢の中でもっともおすすめなのが本麻の長襦袢です。
本麻は涼しくて快適で、自宅でも洗うことができ、
無地感のものであればフォーマルでも着ることができます。

夏物に合わせる長襦袢はこちら

TOP