TOP > [特集]浴衣 2017 > 浴衣について > 帯の結び方

帯の結び方トップ

スタンダードな帯の結び方 -リボン結び-

基本のリボン結びをご紹介します!
基本さえマスターすれば、アレンジを効かしたリボン結びもで出来るようになりますよ♪

用意する物

必要な物



帯の結び方 -リボン結び-

簡単でキレイに、着崩れしにくく仕上がるようポイントをふまえながらご説明します。


  • STEP 1


    帯の先端を半分に折ります。右腕の長さくらいが目安です。

  • STEP 2・・・1


    半分に折った帯は右肩に固定しておきます。半分に折った部分の境目を前板に当て、写真のように折ります。

  • STEP 2・・・2


    そのまま腰に2回巻きつけます。(リバーシブルであれば、ここで帯を折りながら巻きつけると両面のカラーを同時に楽しむことが出来ます。)

  • STEP 2・・・3


    巻きつけた帯が緩まないように、帯の下2枚をクリップで留めます。

  • STEP 3


    巻きつけた方の帯を半分に折ります。

  • STEP 4


    右肩に固定していた帯と結びます。

  • STEP 5


    長い方の帯を写真のように折ります。

  • STEP 6


    折った帯の中心を写真のようにつまみます。

  • STEP 7


    つまんだ部分が中心になるようにもう片方の帯を巻きつけます。

  • STEP 8


    リボン状になるように何度も巻きつけたら、帯の先端を腰に巻いている帯の中に隠します。

  • STEP 9


    シワを伸ばし、形を整えます。中の布を引き出すと、リボンらしくなります。

  • STEP 10


    リボンの中心を持ち、帯の下の前板を固定しながら後ろに回します。

  • STEP11


    帯が出来上がったら、おはしょりを整えて完成です。

しっかりと着付けができれば、着崩れ防止になります。
浴衣の着付けが不安な方は、何度か練習をすることで、キレイに着付けができるようになるので是非チャレンジしてくださいね。

現在登録されている商品はありません